考えよう屋外機の低周波騒音

エコキュートの屋外機から出る低周波音により、不眠症や自律神経失調症になったという高崎市健康被害訴訟。
メーカー側が全額費用を負担して別メーカーの機器に交換することで和解成立したらしい。

実は「この種のトラブルが今後多く発生するだろうな」って、私的には数年前から思っていました。理由は2つあり、ひとつは近所付き合いがあまりないことで『お互いさま』という気持ちが薄くなること。もうひとつは屋外機が住宅北側の隣地境界近くに設置されるケースが多くなったことです。

以前ならエアコンなどのヒートポンプ屋外機は、設置場所(居間)の壁外に設置されるので南側が一般的でした。住宅の南側は日当たりを考慮して隣地境界との距離が長く、隣人宅位置までに騒音が低減されます。
エコキュートの場合はお風呂場近くに設置するので、屋外機も自ずと設置位置が北側で且つ隣地境界近くになり、バンバン低周波音が他人の敷地に入り込みます。

最近の住宅は屋外機が冷暖房機用と温水器用とでふたつあるのが一般的ですので、近隣建物との設置位置をしっかり考慮せねばなりません。


でも一番大切なことはお隣さんとのコミュニケーション。みんなと仲良くすることが一番の解決方法では・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク