悪いことではないけど

有名タレントの母親が生活保護を受けていたことで、先週謝罪会見がありました。
会見前のインタビューでお母さんが「別に悪いことをしているわけではないので・・・」とおっしゃられていたらしい。

この問題、決してそのタレントさんをバッシングするものではなく、社会福祉そのものを国民全体で考える時期にきたということ。
生活保護受給者は10年前の2倍を超え支給額も3.5兆円。ここ2年程で急増しています。
生活保護を受けることを前提にするならば、年金を支払う必要ないですし医療もタダで、働かずして生活費を確保できます。
誰もが安易に受給者になってしまうと、病気などで働くことができず本当に困っている人への対応が不十分にもなります。

受給することは決して悪いことではないですが、あまり権利として主張しすぎるのも問題。これがいわゆる『モラル』です。


親の面倒は子供が見る。
私も肝に銘じて、親孝行したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク