すべてに共通すること

日本イノベーター大賞に、大阪の町工場の社長さんが選ばれました。
この工場では『絶対に緩まないナット』を製造しており、新幹線やスカイツリーなど、緩んではずれたら大惨事になる箇所に使用されていて、今回の東日本大震災でも、この製品を使っていた箇所の線路は破損せずに残っていたそうです。

この社長さんはいままでにもいろいろなモノを発明してきたそうですが、インタビュー記事で印象に残ったことを紹介します。
①10歳の時に大人たちを楽させてあげたいと『種まき機』を発明しました。周囲からの感謝の言葉に感動し、そのときに発明で生きていくことを決めました。
②この発明は、日本の木造建築に古くから利用されている『くさび』がヒントになっています。



誰かから感謝されることが働くエネルギー源になること。仕事のアイデアは伝統的に引き継がれている昔ながらの技術にあること。
これって、イノベーション大賞を取るような仕事でなくても、全ての仕事に共通して言えることですよねぇ~。

さぁ、私たちも『未来のエジソン』目指して頑張りましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク