見えない部分

東日本大震災での津波被害で、街全体が流されたにもかかわらず住友林業さんで建てた木造の住宅だけがポツリと残っていたそうです。理由は独自工法により基礎と柱の接合が法令基準以上の強度だったため、津波の浮力にも耐えることができたかららしいのです。
住宅購入の際には間取りやデザインに目がいきがちですが、本当は目に見えない部分をしっかり考えないといけませんね。

気が利いた工務店さんなら、施工中の写真をしっかり保存してくれています。
性能に拘って、独自工法を採用している会社も少なくありません。


そういうことから考えても、『P2工法』っていいですよねぇ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク