電気料金が70%値上げ?

某大手コンサルティング会社の試算によると、いまある54基の原子力発電を全て停止させて、天然ガスや太陽光発電などの代替エネルギーにシフトさせた場合、発電コストのアップにより2020年には電気料金が今の1.7倍になるらしい。
太陽光発電のコストってパネルだけだと思われがちですが、普及率が高まるにつれて買電送電網の設備投資が膨らんでくるんですって。

そんな昨日、「2030年までに全ての新築住宅に太陽光パネルを設置する」という政府の構想。震災前までは『ゼロエミッション』と称して原発比率を50%にしようとしていただけに、太陽光への期待も大きいのです。


そうなってくると今後の成長ビジネスは、発電した電気を溜める蓄電技術ってこと。この技術は電気自動車にも使えることになりますしね。
リチウム電池に使用するリチウムの産出国はボリビアで、世界の半分くらいはボリビア産だったハズ。
次の時代を優雅に過ごすには、ボリビアの言語となっているスペイン語を話せたらバッチリってことかな。


今のうちからみんなでスペイン語を勉強しましょう。(笑)←好き勝手に書いてるので、話が完全に脱線しました。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク