「我が人生、悔いなし」

一昨日・昨日は、願いの甲斐なく逝ってしまった父親幸男の葬儀。大勢の方々に送られて、父親も大変喜んでいることでしょう。
参列・お心遣いをいただいた方におきましては、ご多忙のなか大変ありがとうございました。
また、訃報をお届けできなかった方々には、このBlogにてお詫び申し上げます。


-信じるか信じないかはあなたしだいの話-
親族の間で父親の仕事の話になり、思い出のある品を棺へ一緒に入れることになったのですが・・・
霊感の強い義理の妹が「お父さん、『それじゃない』って言ってますよ。黄色と青の模様ですって。」
そこで、それらしい品を家じゅう探し回ることになりましたが、結局見つけられません。
すると義妹が、「今お父さん、自分で探しに行きましたから、きっと見つかりますよ。」
そしてその5分後、姪がダンボールをひとつ物置から持ってきて、中を開けると『黄色と青』の品を発見。
義妹「お父さん、『人生悔い無し』ってニコッと笑ってます。」


ですって。
信じるかどうかは個々の自由ですが、私も『いやぁ~、いい人生だった』って最期に思いたいですし、廻りの人から「浜木っていい人生をおくったよなぁ~」と言ってもらえるような人生でありたいものです。




おそらく私、既に人生折り返していますが、現時点までは結構楽しい人生ですわ。 ニコッ!!



コメントの投稿

非公開コメント

No title

この度は大変でしたね。
お父様のご冥福をお祈りいたします。。


この世には信じられない話は本当にあると思いますよ。
私も両親が亡くなる中で数々、そうゆうことありました。

自分の親が亡くなると、暫くは法事や諸手続きなどに追われ悲しんでいる暇もなかったように思いますが、時間が経つにつれて折りに触れ悲しみが訪れることもあります。
でも幸いに、生きてると色んなことがあって、それに浸っている暇もないことも。。
浜木くんも、どうぞご自愛くださいね。

それと
間違いなく、浜木くんの人生は今の時点で既に自他共に『いい人生』と認めるものだと思いますよ♪

No title

ありがとうございます。
これから仏壇やお墓など、せねばならないことが多くて大変です。
さっそく明日は初七日。

同級生には誰も知らせなかったのですが、新聞で知ったK村夫妻が幕別から来てくれました。でも、到着したときには既に通夜が終了していて恐縮。
S野にも気を使わせちゃって・・・・

これで私も『お盆に必ず帰省する人』の一員となりました。

夏にまたみんなで飯に行きましょう。
プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク