いまさらハブる気?

昨日、羽田の新国際ターミナルについて書き込みましたが、実は日本の空港政策をあまり楽観視していません。

開港30年にもなる成田空港はというと、反対地主とのトラブルで未だ計画していた滑走路が完成していない状況。しかも夜間の離発着は御法度。
都心から離れていることと地方空港との接続も悪いためにジリ貧で、今度は羽田からの国際線を増便。
すると焦った成田空港は世界一高い着陸料の半額セールを開始するらしい。でもその値引き対象となる便は新規就航と増便分だけで、なんだか紳士服や携帯電話みたいな安っぽい値引設定です。

こんな場当たり的な戦略で大丈夫ですかぁ?
30年前に成田にお金と時間を費やさず羽田に投資していたら今頃アジアのハブ空港になっていたかも。
日本が不採算地方空港を政治家主導で建設している間に、韓国仁川空港,上海浦東空港は既にハブ化の整備完了済で~す。


私も何度か仁川空港・浦東空港を利用していますが、とても素敵な空港でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク