タッパーと格闘

我が家は共働きなこともあって、保存にタッパーをたくさん使用します。
とはいっても大小数十個のタッパーがあると、いざ使おうと思うと蓋が捜せないこともしばしば。(嵩張るのでいままで器と蓋を分けて保管していたため)

今日はタッパー保管用に棚を1区画確保して、蓋と器をパズルのように合わせる作業をしました。
作業しているといろんなメーカ-があることに気づきました。そしてシックリ具合もメーカーさまざま。

いちばん良いのが日本タッパーウェア社製,そしてZIPLOC社製。
妻に聞くと、元々はアメリカ人のタッパーさんが発明してそれがタッパーウェア社なんだそうです。(主婦では常識なんですって)


やっぱりオリジナルは一味違いますね。
そしていつも私たちが「タッパー」といっているのはタッパーウェア社製の商品名からきてるんですって。(これも常識らしい)
むかし絆創膏のことを、「サビオ」って呼んでいたのと同じことですなぁ~。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

地方によってはサビオじゃなくてバンドエイドだったりします。

No title

その地域で一番メジャーな商品が、代名詞になるんですよね。

その他にも食器洗剤ならママレモン、包装ラップならサランラップって言ってました。
プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク