耐震偽装のその後

各地で耐震偽装事件の裁判がおこされていて、昨日は愛知県での控訴審判決。
国の過失は認めない一方、コンサルティング会社に対して1.6億円の支払いを命じました。(さすがのU河さんでも、そんな金額支払うことできないでしょうけど)

この事件、既に記憶が薄い方も多いかと思いますが、某設計事務所が建築コスト削減のために耐震強度計算をごまかして建築許可を受けたというもの。
対象となった建物は取り壊されたり、多額の費用をかけて補強を行うことになってしまいました。

事件後検査が厳しくなったり保険が義務化になったりと、これからお建てになる人にとっては決して悪い方向になっていません。


私たちがルール化している社会や会社のきまりというのは決して万能でありませんので、「反省を踏まえて改善する」ということが大切ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク