活気ある教室

ある教育者が「活気のある教室の生徒は、互いに関心を持ち合っている」と言ってました。
簡単な表現でいうと『クラスがひとつにまとまっている』ということでしょう。

なるほど・・・。
10年程前に企業で採用された『成果主義制度』がどの企業でも見直しをかけられているのは、社員同士が無関心となり人材育成に支障が生じてきたから。

『会社の寿命は10年』とよく言われますが、10年も経つと社員の顔ぶれも替わったり会社が大きくなって組織も細分化され、起業当初に持ちあわせていた、思いやりや社員同士の関心が希薄になるからかも。


きっと企業の寿命って、取り扱い商品に起因するのではなく、そこで働くヒト(カンシン)で決まってくるのかも知れません。
何年経ってもどんなに歳をとっても職場が「活気ある教室」であるよう、社員全員に対して関心を持ち合って仕事をしたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク