やりすぎの夏休み作品

本州の子供たちも夏休みはあと一週間、北海道は既に先週から2学期が始まっています。

毎年子供と一緒に悩んでしまうのが『夏休みの作品』。
オリジナリティがあって多少凝ったものに挑戦したいところ。


今年はありがたいことに、義理の父が野鳥の巣箱作りを手伝ってくれました。
半日かけて無事完成。

出来具合をみて驚きました。とても小学生の作品とは思えません。(私でも無理って感じ)
というのは、数年前まで父は本職の大工さん。
木を触らせると当然素人の域を完全に超えており、デザインはもちろん小口の処理や屋根の作りは完璧で、ジョイフルAKで売っていそうな代物(しろもの)となっています。

息子は自分でビス留めと塗装をしたので、自分の作品のように感じているようですが、とても私の目には・・・


大人が手伝うときは、入れこんでしまう自分の本職に手を出さないほうが良いようです。
やりすぎにはご注意!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク