個人の対価

昨日は日産のカルロス・ゴーンさんの報酬が高いのか安いのかTVで話題になっていました。他の上場会社の日本人社長に比べると1ケタ報酬額が違いますから話のネタとして面白い。
まぁ、ビジネス慣習の違う国の人ですからやむを得ないことでしょうが、いったいそんなにお金を貰ってどうするんでしょう。使い切れないし・・・

そして今日は「H立製作所の元社員が特許報酬として6億円の支払いを求めて、裁判所の判断は6400万円」
同様の裁判はLED開発者のN村さんが始まりだったかも。

発明っていうのは、置かれた環境と個人の能力が掛け合わさった結果。そして環境はその企業がセットしているわけで、発明者がその企業に所属していいなかったらその発明はしなかったかもしれません。
(例えば「環境×個人能力」の結果が100だとしても、10×10なのか50×2なのか誰にも判らない。)



ともあれ置かれている環境(組織とまわりの人たち)に感謝し、健康に楽しく仕事をし続けたいものです。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク