源流を振り返る

10年程前、一緒に働いていた同僚がちょっとしたトラブルが原因で退職しました。更に不運が重なり退職まもなく軽い癌を患い、すっかりその後疎遠になってしまいました。(なんか、こちらから連絡し難くなって)
そんな彼が今、東京で新しいビジネスを興して頑張っているという情報を聞いてとても嬉しくなりました。当時の不運な状況から再起して成功したようです。

今日の新聞にNTTドコモの記事があり、30年前のドコモ分社化のエピソードが書かれていました。当時大赤字だった携帯事業会社に移った社員は皆悲しそうな面持ちだったそうです。
その後大きく成長したドコモを考えると、移って大正解だったことでしょう。


私の元同僚のように当時は辛くて惨めに思えたかも知れませんが、そんな状況がまわりの予想以上の成功の肥やしとなることは、決して稀なことじゃないですよねぇ~

ネット障害

昨日は朝からネット環境のトラブル。警備会社からも電話があったりしてバタバタ。(最近はコスト削減もあり、警備も回線無料のネット環境で行っているのです)
もしからしたらわが社もサイバー攻撃を受けたか? ←そんなわけないですよね。

調べてみるとルーターの故障。予備のルーターに切り替えてサーバー室のパソコンは正常に戻ったのですが、なぜか各自のデスクパソコンが復帰しません。


こうなるとひとつひとつ上流から順番に機器チェックをしなければなりません。9時からの会議に使う資料がプリントアウトできず、T氏が手書きで急遽作成。


パソコンってこうなるとお手上げなんですよね。
会議終了後に無事、全パソコン復帰。しばらくはまた機嫌よく動いてくれそうです。


初対面の人とダンサーボディに

休日前夜の午後10時、友人から突然の出動要請。
「今、前職の先輩とふたりで飲んでいるんだけど出てきてください」との内容で、「そんなところに部外者の私が言ってもねぇ~」と思いつつ15分後に合流。

その先輩とは初対面でしたが、世代も同じだということもあって楽しく飲めていました。ふとしたことから話題がTRFになり「最近、EZ D0 DANCERCIZE 売れてるよね。 エネルギー消費も高くてテンションも上る。」と話題は小室ファミリーへ。

すると突然カラオケの曲が『EZ DO DANCE』。結局みんなでダンサーボディ目指して楽しく踊っちゃいました。


こんな飲み方もアリなんでしょうなぁ~
この後次のお店に行ったら今度は違う友人とばったり会って、私だけ別メニューに。


一粒で違う味を体験できたような、とっても有意義な夜でした。(この日お会いした方々に感謝です)

 

遠山の金さん

4ヶ月ほど前のブログに書き込みしたのですが、建替えで敷地オーナーさんが敷地前のごみ収集場を勝手に移動しました。  アーカイブはここ
そのとき「トラブルにならなければいいなぁ~」と思っていたのですが、予想どおり今週の日曜日にトラブル発生。移動したばかりのゴミ収集場も「また移動して欲しい」と要望が町内会長に入ったそうです。


この問題の解決役が、まわりまわって町内会役員でもない私のところにきてしまいました~。
『私は遠山の金さんでないのだから、ナイーブな問題に巻き込まないで欲しい』ってのが本音です。
ゴミの問題なんて、誰かが我慢しなければならなくなりますから・・・


そうはいっても仕方がないので今日、市役所清掃課の方と打ち合わせしました。
今回はなんとか切り抜けそうな感じですので、とりあえず私の『金さん役』合格かもね。




男のひとり旅

旅行会社のデータによると、最近男性のひとり旅が増えているらしい。
そういえばこんな私でさえ、ひとりで旅行することが家族や友達と行くより多いですなぁ~
自分で言うのもなんですが別に家族から疎外されているわけではなく、友達がいないわけでもないのですが、誰にも気遣いせずに気ままに行動することがなんか楽しい。
私の理想のパターンは、「基本個人行動で晩飯だけ地元の誰かと一緒する」って感じ。


海外旅行もこのパターンでいつもはひとりで行くのですが、今回はひょんなことから20年ぶりに海外ふたり旅となりました。
ふたりも悪くはないですが、やっぱ『男のひとり旅の良さ』を、改めて感じる旅にもなりました。
男って無いものねだりする生き物ですよね。


雇用延長

某メーカーに勤務している知人が、今までの実績や人脈を評価されて雇用延長になったそうです。しばらくは海外で若い社員のサポートをされるらしい。
厚生年金支給開始が65歳になるので、これからは雇用継続が一般的になるでしょう。ずぅっと現役でいられるのはある意味幸せなことですから、たとえ賃金が下がったとしても受け入れるに値します。


しかしながらある企業ではこんな環境が、ちょっとしたトラブルになっているそうです。
再雇用者がすっかり労働意欲をなくしてしまい、若い人が忙しく仕事をしているのに自分は平気でパソコンでトランプゲームをしているとか・・・
もっと深刻なのは『デキル高齢者』。役職定年となり肩書の無い社員になったのにもかかわらず、元の部下にあれやこれや余計な指示を出して組織が混乱するケース。


きっちり働いても働かなくても、高齢者がトラブルの基になってしまうようです。
会社って難しいですね

借りた本で思うこと

先週旅行へ行く前、会社の人が「すごく泣ける本なので、飛行機の中でぜひ読んでみてください」と、『永遠のゼロ』という本を渡してくれました。
特攻隊員として亡くなった祖父を知ることで、戦争の残酷さや当時の戦死者の家族に対する深い思いを感じるという、とても感動する小説でした。来年には映画化になるそうです。

この本を読んで家族愛に感動したのはもちろんですが、今回は韓国旅行だったということもあり、相手国の悲劇もそれ以上に私の心に突き刺さりました。



私は韓国に行くと必ず「西大門刑務所」を尋ねることにしています。
日本人はあまり足を運ばないのですが、ここは日本植民地時代に4万人の韓国人を収容し、大勢の方が拷問・処刑された場所。




大きな部屋の壁全面に当時収容されていた方々の写真が貼られていて、その数の多さに恐怖で体が震えそうになります。




当時の様子を伝えるために人形を使って再現されていて、とても言葉に出来ないような人形も多く展示されています。


私には韓国人の友人がいて、とても仲良くしていただいており、今回も一緒に食事をしていろいろな話を聞かせてもらいもらいましたが、隣国で大好きな人たちだからこそ、私達日本人も過去の不幸な歴史をしっかり勉強する必要があると思っています。

麻薬犬に捕まる

今日の12時、仁川空港から新千歳空港に無事到着。到着ターミナルで荷物を待っていた私の隣に大型犬が突然座り、制服を着た税関員が大きな声で「グッドボーイ、グッドボーイ」と犬に向かって叫び出しました。
周りの人たちには何が起こったのか一瞬で想像でき、犬と私を交互に見ています。あきらかに私は麻薬の運び屋。


これ、麻薬犬の訓練風景。係員に依頼されて私が麻薬の匂い付きバッグを隠し持っていたのです。
でも、たくさんいる渡航者の中から私が選ばれた理由を知りたいところ。
①私があきらかに麻薬とは縁の無さそうな「頼みやすい人」だったから。
②私の外見が、いかにも麻薬を所持してそうな雰囲気だから。



右肩に掛けているのが、麻薬の臭いのする預かったバッグです。
私って不審者に見えますかねぇ~

30130303
プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク