非日本製

私は何か必要なモノがあれば先ずは『100円SHOP』に行きます。(今日も文房具を購入してきました。)
でも考えてみれば、それらの商品のほとんどが東南アジアか中国製。

先週、31年ぶりに日本が貿易赤字になったというニュースがでていましたが、みなさんが毎日使っているモノのなかに日本製品っていったいどれだけありますかねぇ~。今このブログを打ち込んでいるPCだって中国製、数ヶ月前に替えたスマホだってメーカーはSONYですが中国製だし・・・
結局は食料品と大型家電以外は全て外国製かも。

去年は震災と円高という特殊事情で一時的に貿易赤字に陥ったような感じになっていますが、日本企業の生産拠点がどんどん国外に移ってますから、もう貿易黒字に戻ることはないような気がしています。
実は世界の貿易バランスって、貿易赤字のほとんど全てがアメリカで、その赤字分だけを他の先進国&中国が分配し合っていただけのこと。(うち20%くらいがいままで日本だった)

でもこのところのアメリカは製造業を自国に戻す政策をとっており、貿易赤字もかなり減少傾向。ってことは必然的に貿易黒字だった国の黒字額も減少しており、その一番の減少国が日本ってこと。


そろそろ日本もメイドインジャパンに拘らねば、結局のところは自分の首を絞める結果になってしまいますね。
そう考えると住宅産業っていうのは、国内調達比率がかなり高い産業といえます。
日本を元気にするヒントが、きっとここにあるのかも知れませんよ。 

若者を守ろう

新卒者の就職内定率が低い『超氷河期』と言われています。
信じられないような話ですが、私の学生時代は企業から接待されるほどの売手市場だったんですがね。←もう4半世紀前の話です。

この就職難は日本だけの話でなく、経済成長率の高い中国でも大卒者は就職先がない状態、そしてヨーロッパも同様でイギリスの若者失業率は22%になっているとか。仮に就職先を見つけたとしても短時間労働や有期労働が少なくないそうです。
世界各地で暴動が起きている原因も、就職難と一部の富裕層だけがお金を儲けるしくみ(格差社会)に対する憤り。

いま新興国が世界の工場となり、先進国が空洞化しているので、必然的にあらゆる国で新規採用の若者がはじかれちゃってます。
この先企業の社会的責任として『雇用確保』が重要になってきますが、わが社にも4月に2名の新卒者が加わります。

十勝は北海道の他地域に比べて地元に残る若者が多いほう。
それはやはり『企業と自治体とそこに住む人々が知恵を出し合って頑張っている』ってことでしょうなぁ~


毎年新卒者を迎えることができるような、そんな企業が地元にたくさんあってほしいものです。

なにはともあれ

先日ある会社さんから、「3階建RCマンションの南面の壁だけをP2工法で施工する図面が手元に来ているので、見積もりをお願いします。」という電話をいただきました。
そして「両断熱工法を一面だけ施工して効果ありますか?」という質問を受けたのでちょっと回答に詰まってしまいました。

確かに外壁全面に施工せねば十分な効果は得られませんし・・・・
とはいっても、端太材を使用しない施工性の良さを体感するには十分な施工面積。

なにはともあれ、本物件で施工していただき、P2工法のメリットを体感してください。
きっと次回は全面施工をしていただけるハズでしょう。  (祈)




被災地に対してできること

全景写真のコピー

急ピッチで被災地が整備され始めています。ゼネコンの現地社員は各社増員しており、以前の2倍を超えている会社もあります。
そんななか、いったい私に何ができるだろうか・・・

現在福岡で建築中の特殊タウンハウスのコンセプトは『エコ&防災』。太陽光発電に加えて特殊基礎と貯水。
↑の写真。(現在1棟完成し、今後手前と左側のP2パネル基礎部分にも建てていきます。)
こんなタウンハウス構想を被災地の2企業や某国立大学と共に事業化しようというグループが発足。私は断熱型枠材の開発担当として、非力ながらメンバーの一人に誘われました。
今週、幹事企業が国に事業申請をします。採択されるかどうかはわかりませんがとても楽しみ。

私の今までの知識と経験が被災地のお役にたてるとしたら、それはとても光栄なことです。
私のできること、時間を惜しまずに取り組んでいきたいと思います。

注目の人 佐々木さん

なでしこジャパンの佐々木監督が世界最優秀監督賞を受賞しました。
中年男性が、年頃の女性たちをコントロールして世界一にする指導力が注目されています。
『おやじギャグ』がチームの雰囲気をよくするのか・・・・
佐々木監督曰く、「下から目線で選手に接することも大切。オヤジギャグはとっさに声かけをする訓練。」


いま、大手企業の管理職に人気の資格に『ほめる達人検定』っていうのがあるらしい。1級から3級まであって、使えるほめ言葉の数を増やして、短所も前向きにとらえるように誘導するテクニック。(実は私も2か月程前のある研修会でこの訓練を受けました。)

実際に行った調査でも、ほめる上司のもとで働く社員のほうが仕事に対する意欲が高いという結果がでているそうです。


部下をほめるために検定を受験する上司もいかがなものかとは思いますが、それも時代の変化なのでしょう。
私が新入社員で配属されたときの上司は1日じゅう誰かを怒っているような人だったなぁ~
(それはそれで私にとってはとっても良い上司だったんですがね)

電動除雪機はいいよね



自宅で電動除雪機を購入しました。エンジンタイプに比べて少々不安でしたが、給油作業もなくメンテナンス不用なのでとても使い易いです。(実は昨シーズン、販売店から無償でお借りしていたので、耐久性と操作性は体感済み)
昨年末の大雪やお正月に降った雪でもラクラク作業できました。
このことを姉に話したところ、姉もすぐに購入。

あまりにすばらしいので、会社の新春イベントとして3名のお客様に抽選でプレゼント。←太っ腹!!
詳しくは会社のHPでご覧ください。

どれだけすばらしいか私の除雪作業をお見せしたいところですが、自分で自分を撮影できないのでここをクリック

新しい年を迎えて

昨年は、大震災で叔父を含めて多くの尊い命を失うと共に、私の父親も3月23日に病で逝ってしまいました。
一方で姪が昨年暮れに男の子を出産し我が家も大喜び。
(出産前に何度も会っていたにもかかわらず妊娠していたことを知らず、驚きの方が大きかったが)

人生悲しみの大きさの分だけ喜びもあるってことですよね。←ってことはまだまだ今年は喜びがやって来る計算


今年はどんな年になるかとても楽しみ。
やりたいことがいくつかあるのですが、ある『漠然と考えていたこと』が、昨年末あたりからカラーでイメージできるようになりました。
人生長いようで短いですから、実現にむけてコツコツがんばる2012年にしたいと思ってます。


さて、私の仕事始めは6日。正月充電期間があと1日残っています。
昨日は福島に住む友人Sと久々に話をして元気をいただきました。
さらに今夜は帯広の友人から元気を分けてもらう予定。ぼちぼちでかける準備に入りま~す。


皆様にとりましても、今年1年良いとしてありますように。




プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク