トンボ返り福岡

来週予定していた福岡出張、急きょ明日出発することに変更。
昼間は先方にTELしてスケジュール調整。打ち合わせを水曜日の朝からに決定。
火曜日訪問予定だった方とも、水曜日の打ち合わせ会場でお会いすることになりました。

ということで火曜は移動日。
夜は友人の50嵐と晩飯一緒しま~す。
しばらく会っていない友人との再会も出張時の楽しみのひとつ。


戻りは早ければ水曜の夜。2500kmを一泊で往復するつもりです。

予定早めてGO

来週は福岡の新しい会社さんにP2パネルを出荷。
その前にお伺いして施工方法の説明をせねばなりません。
せっかくのP2工法も使い方を間違うと大変なことになりますからね。

2月中旬に行く予定でしたが、我が家の都合で今週行こうと思っています。
というのは父親のコンディションが良くなくて、優先順位の高い用事はさっさと終わらせてしまおうということ。


善は急げ! 2月1日に出発します。



優れた商品がまた退場しました



CMでお馴染みのトレハロース宇宙人。
このCMを流していたH原が会社整理を申請。1400億円の借入れ&不正経理。

CMがバンバン流れていたから「すごく儲けている会社」に思えたのですが、現実はそう甘くないようです。でもこの会社が持っている技術ってすばらしいですよ。


たとえ良い技術や商品を持っているからといって、事業が成功するわけではないということ。
お客さまにとって良い会社とは、堅実で正直でずぅ~とお付き合いできる社員のいる会社だということ。
・・・ですね。

笑えない笑い

イギリスのお笑い番組『世界一運が悪い男』で、山口さんという日本人が紹介されて大きな問題になりました。

この方は広島と長崎で二度被爆されており、この不幸な状況を面白おかしくタレントさんがいじったようです。

そもそも被爆という悲劇を、如何に白人が軽視しているかということ。
でも日本の番組だって同じようなことをしている気がします。
私だって他人の言動を笑い飛ばして、その人を傷つけていることがあるかも・・・

特にあまり知らない人に対しては、思いやりをもって対応していかねばなりません。
反省

命の重さを知ってください

土曜日、親父が緊急手術。『腹部大動脈瘤破裂』
主治医からの指示で、家族全員集合&控室待機です。
未だ意識は戻っておりませんが、快方には向かっている感じ。

私はこの状況に意外と冷静。
親父は心臓手術や2度の癌摘出をしているので、いま命あることに感謝すると共に、一方で覚悟もしています。


むしろ10代20代の孫(私たちの子供)たちに何かを感じて欲しい。

いずれ人の命は絶えるということ,その命を助けたいと思う家族がいること,そして命を助けようと頑張ってくれる職業人がいること,こんな緊急事態なのに携帯持たないで外出して連絡とれない私がいること。




ゆるい関係

『断られたくない症候群』って言葉聞いたことあります?

ツイッターでの書き込み。
「暇だ」「お酒飲みたい」とかをつぶやき、相手を特定せずに一見誘っているわけでもなく、でも実は特定の人からの反応を期待しつつ、もし誰からも反応なかったとしても傷つかない。

私が学生の頃なら連絡方法といえばイエデン。
必ずご両親が最初に出るので、女友達に電話するときなんかは、なるべく好印象を持ってもらえるよう緊張したものです。
そして話す内容も自分なりにシミュレーションして、もし断られたときはショックも大きい。


傷つくリスクがあるからこそ、上手く事がすすんだ時の喜びも大きかったのかも。
誰かを誘いたいのなら、ビシッと直接本人に伝えてみましょう。

ちなみに私は誰かのフォロワーになり続けられる自信がないので、ツイッターはしないことにしています。

「追伸」扱い

昨日夕食を一緒していた仲間から、「僕らとのイベント、ブログの記載ではいつも『追伸扱い』で、ちょこっとしか書いてくれないですよねぇ~」とクレームを言われてしまいました。


-そういうこともあって今日は昨晩の報告-
19時半に待ち合わせだったのですが急遽仕事が入ってしまい、30分遅れでのスタート。
1軒めはOHANAという串焼屋さんで食事。大将は帯広で有名な串焼き屋の元従業員で味はGOOD!
2軒目は若い女性が接客してくれるスナック。たまたまテーブル席が空いておらず、カラオケできるVIPルームで楽しい密談。
3軒目は昔若かった和服のママさんが娘さんとやっているお店。アットホームな雰囲気でした。
日にちもかわり、翌日仕事がある私は早退して波乱万丈で蕎麦食べて帰宅。
帰宅後お風呂に入って就寝。すでに2時を過ぎていたと思います。

みなさん大変お疲れさまでした。次回も宜しくお願いします。

-追伸-
昨日話忘れましたが、年末に「井上陽水のコンサートみんなで行く」って言ってませんでしたっけ?
発売開始は今週22日です。ほんとに行く?
行くならメールください。2/21だったと思います。




久々の休日

今年はずぅ~と忙しくて、今日久々ゆっくり休んでます。
自分のことや家の雑用をしています。

例えば子供のスケート靴探し。
ガレージを探索すると使っていないスケートが出るわ出るわ。(裏の物置にもまだあるハズ)
スケート購入予定の人にお貸ししますよ。 ←譲っても良いのでしょうが、妻の承諾なく勝手に処分できないので・・・





これから外出して、床屋&買い物&町内会雑務を処理してきま~す。
そして夜は急に誘われた友人達との食事。明日に影響ない程度に程々楽しんできます。


-旧友へのお知らせ-
「外資携帯電話会社で働くHが帰省する」というS野メール。しっかりチェックしていま~す。
仕事の用事が入っている日なので調整して、なるべく参加するようにしますので、他のみなさんも頑張ってみてください。


iphone非常事態

昨日、帰宅したら家族が大騒ぎ。
iphoneをアップデートしたら、保存していた写真や住所録,購入したアプリが行方不明になったらしい。
マニュアル記載のバックアップフォルダにあるはずのデータがないそうです。

朝の10時から私が帰宅した6時までの8時間びっちり捜していたそうですが見つけることができずに半泣き。
iphoneは外部メモリがなくパソコンと接続して操作する仕様なので、PCのHDDに入れたデータがどこにいったかわからなくなってしまう可能性大。

私もデータ探しに参加して、日にちが変わろうとした0時ころ彷徨っていたデータをやっと探し出し、所定のフォルダに移動させて無事バックアップデータを復帰することができました。


今朝の朝食、いつもよりおかずが豪華だった気がしたのは、気のせいではないかも。

誰かに優しくしておくと、その恩返しを必ず受けることができるものです。


子供の意見を侮るな

家に戻ると妻は仕事で不在。
夕食の買い物に行くのも面倒なので、気になっていたお店からお寿司の出前をとることにしました。
電話先の店員さん:「容器は使い捨てにしますか?桶にしますか?」
私:「(容器は食べるわけでないので)どちらでも構いません。」

30分後に届いた容器は、回収する漆器の桶でした。
「回収する桶の方が安あがりなのかなぁ~」と独り言をいうと、小6の息子が「桶のほうが豪華っぽくてまた食べたくなるよね。」


息子よ、そのとおり。
長期的営業視野からすると『一時のコストダウンより手間のかかる漆器の桶』。
お客目線から考えると当然の選択。小学生の意見といえども、たいへん勉強になりました。

シャッター商店街

私の故郷、釧路の十字街は人ひとり歩いていない、シャッター商店街。
この現象は古い地域全般に言えることなんでしょうが、帯広の広小路はまだまだ元気でなほうですよね。
ホコテンやおまつりなどのイベント運営、広小路商店街のみなさんは一生懸命です。

-沼津のシャッター商店街の話-
商店街再生のために立ち上がった深沢さん。やる気のある若者に店舗を出してもらおうと地権者に貸店舗のお願いしたところ、みんなに断られたそうです。
その理由は①シャッターを閉めたままでも事業用だから相続税が安い。②住居兼用で固定資産税が安い。③貸すと転売が面倒。

店を閉めたまま住み慣れた場所にいたほうが、活用して資産価値を上げるよりも気楽ということです。
外部からは閉じたシャッターしか見ることができませんが、シャッターの内側にあるそれぞれの人生。
シャッター商店街が増え続ける理由は、地理的課題だけではないようです。

印象に残ったCEOの言葉

昨年末だったと思います。65,000人いる大きな会社のCEOの言葉が印象に残ったので紹介します。
その会社は歴代CEOをふたり置く体制。船頭さんがふたりもいると会社がコントロールできなくなると思うのですが、CEO曰く
「これを機能させるためには信頼が必要。2人で組めば自分の弱点を、強みとする人にカバーしてもらうことが可能。そこで2人の関わり方にルールが必要となります。①2人の間で何が起ころうとも、社員の前では協調した態度をとる。②2人とも拒否権をもつ。③互いに違うところを尊重する。」


会社のトップが別々の方向に進み、ブレーキが効かなくなり会社ブランドを毀損させたり会社そのものを失うケースを目にしたこと、みなさんもあると思います。
そしてこのCEOの言葉は会社経営に限らず、各部署やプロジェクトにもあてはまることではないでしょうかねぇ~。





品川駅の自販機

品川駅に設置してある自販機はカメラが内蔵されていて、購入者の年齢,性別,気温,時間帯をもとに『おすすめマーク』が商品につく、次世代自販機らしい。他の販売機の3倍の売り上げ。

次回東京に行ったら、品川駅でジュースを買おう。
でも、人はお金を入れる時点で購入する商品を決めちゃっているだろうから、単にウザイだけだったりして。
或いは、売れ行きの良くない賞味期限が近いジュースを薦められたりして・・・ ←考えすぎ

他の買い物と違い所詮買っても1本だけなのだから、こんなことに設備投資しても無駄な気もします。


まぁ場所が場所だけに、私のような「おのぼりさん」狙い?
いずれにしても、いったいどんな自販機なのかとても楽しみです。

発想を変えたら・・・

お正月に帰省したら、実家のお隣さんが若いご夫婦に替わっていました。
ひとり住まいだったご主人が亡くなり、息子さんが家を売却したそうです。遠くに住んでて誰も管理できないから。
既存住宅の性能をアップさせる補助金をだしたりして、『永く住める資産価値の高い家』を増やしています。一方で先代の家を継ぐ環境にない寂しさ。

厚生労働省の調査によると、1世帯あたりの平均年間所得は548万円でピークの1994年から18%もダウン。所得階層分布では中所得者の多い「リンゴ型」から低所得者が多い「ピラミッド型」にシフト。
少しでもゆとりを持たせるため、奥さんが子供を昼間実家に預けて働いている介護福祉士夫婦が、たまたま新聞で取り上げられていました。保育所の待機児童問題が解消されない状況では、近くに住むご両親にお願いするしかない。

低所得化や保育所問題は政治が解決せなばならないことでしょうが、考えようによっては「リタイヤした老人夫婦がご自宅でお孫さんの世話をする」という行為は、リタイヤ夫婦の社会的役割創出&家の有効利用&奥さんの労働機会創出&介護福祉医療費削減の4つに貢献していることになります。
ポジティブに考えると、よいことたくさん。
これができる家族の条件は、ご両親と息子(娘)さんが同一地域で生活していること。
そう考えるとこれから社会に出る若者にせねばならないことは、地元で仕事を探すことができる環境。
たとえ都会よりも給与が低かろうが、家族と日々繋がりをもつことができる環境なのではないでしょうか。


実家から150km離れた場所に住む説得力のない私からの提言です。




自動車保険の更新

私の場合、2月が保険更新。したがって今月中に継続契約。
「毎年毎年手続き面倒だなぁ」って思っていたら、最近は3年更新の保険もあるそうです。(O専務が言ってました)
でも、3年毎の更新になったら更新すること自体を忘れちゃいそうで、それはそれで私にとっては心配。
まぁ、クレジットカードの番号打ち込んでクリックするだけだから、現状でヨシとしておきます。

そういえばこの自動車保険、値上がりするって知っています?
事故率が高止まりしているからだそうです。特に高齢者の事故が激増しているらしい。
確かに新聞やTVで、高速道路を逆走する老人やお店に突っ込む老人の事故を見ます。
そういう理由から高齢者の値上がり率が高くなるようで、70歳だと8%以上のアップになるらしいです。

もし今年、あなたの自動車任意保険料が大きくアップしたら、貴方も世間では高齢者グループの一員だということです。

それぞれの人生に感動

お正月は、日ごろご無沙汰している人からの「ひとこと」あるハガキが届くのが嬉しい。
引越ししたとか、子供が生まれたとか、親御さんの体調が心配とか・・・

それらのハガキのなかに「農業に関わり始めた」という旧友がいました。
農業といっても、屋外で土に苗を植える工法ではなく、建物の中で野菜を栽培する農業工場。
このような仕事、数年前なら想像もつきませんでした。

各々が各々の道で頑張っているようです。
私も肩の力を抜きつつ、頑張っていきたいと思います。

そっちのほうかい

あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、良い年でありますように!

今日は新年会だということで帯広に戻ったら、友人が風邪で寝込んで延期。
「年末年始は仕事の緊張から解放されて風邪で寝込む」ってことあります。みなさんも注意してください。

私はというと、お正月は実家の釧路で映画にも行きました。釧路の映画館は3D対応。
子供が3Dアニメを観たいというので、例のごとく子供たちは第5ホールで3Dアニメ,私は第2ホールで相棒。

チケットを窓口で購入しそれぞれにチケットを配ってGO!!
すると3Dメガネとポップコーンを抱えた息子が入口で係員に止められました。
係員は怪訝そうな顔で「相棒は3Dではありません」

あっ、息子のチケットと私のチケットを間違っていました。
でも、私がアニメで息子が相棒という選択肢はどう考えてもないんじゃない?


指摘するのはそっちのほうなの?
思わぬところに喰いつかれた出来事でした。 くすぅ


プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク