もうひとつのチャイナリスク

世界の工場でもあり大消費地でもある中国。
日本法人の中国市場に対する期待がおおきくなるにつれ、企業の中国駐在員のメンタルストレスが深刻になっているそうです。
外見は似ていても中国人は日本人と考え方や習慣が違うためその処理におわれた結果、ストレスでうつ病になる人が急増。
駐在する社員、昔はエリートに限られていましたが最近は普通の社員が赴任する時代になったことも一因だとか。

一方これと全く反対のリスクもあり、最近某大手企業の社員が19歳の女性中国人を刺し殺すという事件が起りました。事件の原因は単身社員と現地女性との恋愛トラブル。
中国人女性にとって日本人の収入は魅力的で、既婚日本人を誘惑するビジネスも多いのです。


中国駐在員が真面目に働こうが不真面目に働こうが、どちらにしてもトラブルにまきこまれる可能性があるということ。
そういえば昨年の夏、上海で働く私の古い友人が北海道旅行の途中に帯広へ来たのですが、そのときは中国人女性も一緒でした。
ひょっとしたら私の友人も、チャイナリスクの被害者なのかも知れません。

プロには敵いません

先週、ご主人が農業高校に勤務しているお宅から、枝豆を1束いただきました。
1束と言っても直径が4~50cmある束で、1本の茎の太さが1cm以上あり『小枝の束』って感じ。

私が自分で育てている枝豆の茎の太さといえば数mm。
風で倒されてしまいそうで、茎が自立できているのは「周りの雑草に支えられているから」って感じなのに。

同じ家庭菜園でも、こんなに違っているのには驚きました。(そもそも枝豆の種類が違うのかも・・・)
それにしてもまだまだ修業が足りません。



近所の家にもお配りできて、大変感謝しています。(また、来年もお願いします)

当たったゾ~

年2回サマージャンボと年末宝くじがそれぞれ数十枚、H銀行から送られてきます。
(だから最近は宝くじを自分で買わなくなって、ちょっとだけお得)

今回のサマージャンボで、3,000円が当たりました。
とてもラッキー。もちろん高額当選ならいうことありませんが、もともとお金払って購入していないのだからヨシとします。

みさなんもH銀で定期預金をしてみてはどうでしょう。




包装は新聞紙で

子供の頃、近くのお店に野菜を買いに行くと、新聞紙に包んで渡してくれました。
最近はパック包装されていたり、綺麗な包装紙にラップされていたりと、外見に手間とお金がかけられています。



先週おみやげにいただいた地酒。
ピンの包装が地元新聞紙。
いいねぇ~ 古新聞も使い方によっては立派な包装紙&クッション材&遮光紙。


さっそく、味見を開始します。

やりすぎの夏休み作品

本州の子供たちも夏休みはあと一週間、北海道は既に先週から2学期が始まっています。

毎年子供と一緒に悩んでしまうのが『夏休みの作品』。
オリジナリティがあって多少凝ったものに挑戦したいところ。


今年はありがたいことに、義理の父が野鳥の巣箱作りを手伝ってくれました。
半日かけて無事完成。

出来具合をみて驚きました。とても小学生の作品とは思えません。(私でも無理って感じ)
というのは、数年前まで父は本職の大工さん。
木を触らせると当然素人の域を完全に超えており、デザインはもちろん小口の処理や屋根の作りは完璧で、ジョイフルAKで売っていそうな代物(しろもの)となっています。

息子は自分でビス留めと塗装をしたので、自分の作品のように感じているようですが、とても私の目には・・・


大人が手伝うときは、入れこんでしまう自分の本職に手を出さないほうが良いようです。
やりすぎにはご注意!!

リース契約のカラクリ

企業は資産や負債を少なく見せるため、使っているモノをリース契約にして月々の経費として処理させています。
それが国際会計基準で、将来リース取引も貸借対照表に反映させることになりそう。

何がそんなに問題かというと、実際の負債と経理上の負債の乖離が企業体力を不透明にしているということ。そして我々住宅関連業界は特に。


例えばレ○パレスの場合、会社の総資産が3,900億円に対して、借り上げ契約しているアパート56万室の未経過リース代が1兆5000億円。
総資産の4倍の金額がリース契約残になっているので、借り上げているアパートを上手に運用できないとすぐ会社がパンク。だからレ○パレスの株主や契約しているオーナーは目を光らせておかねばならないのです。それが現在の決算書では未経過リース額(将来支払うことが義務となっているお金)が記載されないので、将来のリスクが外部からは見えない。

この傾向はレ○だけでなく、大○建建託や東○コーポレーションも同じ。
このオペレーティングリース額は、他の業界企業にくらべてアパート借り上げ会社は桁違いにダントツで、高額な飛行機を数多くリースしているANAの10倍の額ですから、これが何を意味するのか想像できます。


話は変わって、今週は帯広市,幕別町,音更町3ヶ所での見学会。
たくさんのご来場をお待ちしています。






緊急集合

先日、15歳年下のSくんからTEL。
昨年生まれた子供,奥さん綾ちゃんと3人で帯広に19日(本日)帰省するとのこと。
もう到着しているでしょうが、帯広の暑さが本州とそれほど違わないことにがっかりしていることと思います。

奥さんとも以前はカラオケ仲間。(もちろん旦那とも)
今週土曜日7人が居酒屋で緊急集合。このブログをチェックしている人は合流OKですので、是非私の携帯に電話ください。



そしてこんな気軽に声をかけてくれる後輩の存在に感謝。46歳の私にとっては気持ちだけでも若返ります。


現地解散

今回のお盆休み、妻は仕事が入っていたので、子供たちと3人で釧路に帰省。
買い物ついでに映画館へ行くことにしました。

さぁ、何を見ようか? アニメ・邦画・洋画
さすがに小6の息子は洋画に全く興味なくアニメ希望。私はどうせなら織田裕二を観たいし・・・


結局、同じくらいの時間から始まる別々の映画を観ることになり、それぞれのシアタ-ルーム前で解散。
まぁ、どうせ話をしたり飯食べながら映画観るわけでないので合理的といえば合理的



それならわざわざ連休中に一緒に映画館へ行く必要もないと思われますでしょうど、これが浜木家Styleなのでした。それぞれが希望の映画を観られて満足、満足。

私のお墓参り

昨日行ったお店の店員さんとの世間話で「お墓参りに行きました?」と尋ねられました。

私の家系の本家は富山県なので先祖の墓参りをしたのは生まれて数回ほどで、今年も当然行くことはできませんでした。最後にお参りしたのは5年くらい前のこと。

とはいっても40歳を過ぎると先祖が大切に思えてきます。
そこで最後の墓参以降、私の携帯電話の待ち受けは「先祖の墓」にしています。
したがって無意識のうちに毎日何十回もお墓をみているので、自分の中では毎日墓参りをしている気分になっています。


これだけ毎日墓参りをしていたら、さぞかし先祖も喜んでくれていることでしょうね。







8月15日



今日は終戦の日、日本人として或いはこの時代に生きている人間として、戦争について考えねばならない日です。
数日前にTVで観た8ミリ画像には銃や火炎で倒れる日本兵が映っていて、戦争の悲惨さを私たちに伝えてくれていました。


添付の写真は数年前に原爆ドームへ行ったとき携帯電話で撮った写真。
近いうちに子供たちと是非行ってみたいと思っています。

もちろん子供たちはいまのところ原爆ドームよりTDLの方に関心があり、当分この思いが叶うことはなさそうです。

カリフォルニア・シャワー2

ナベサダさんのコンサート、大変すばらしかったです。会場も満員。
「好きな音楽を自分なりに楽しんでいる」という姿勢を感じました。羨ましい。
自分のなかではコンサート後もすっかりナベサダにハマってて、昨日もびっちりCD聴いてました。


コンサート後は盛り上がって、帰宅は2時。
妻がコンサートから帰ってこない私を心配して1時頃TELかかってきてました。
妻にコンサート後の予定を詳しく話していなかったなぁ・・・(反省)


今日からお盆休み。
昼から3日間帰省   行ってきま~す。

カリフォルニア・シャワー

今週は男2女1名で渡辺貞夫さんのコンサートに出かけます。
帯広にきてからは音楽を聴きに出ることなんてなかったのでとても楽しみ。
せっかくなので、先週から「にわかナベサダファン」になってCD聴いてま~す。
カリフォルニアシャワー、  こんなときでないとジャズなんて聴かないし・・・


実は、コンサートが終わってからの3人での食事も楽しみ。このメンバーでは何年ぶりだろうか。
これまた思いっきり、カリフォルニアシャワーです。

日本車逆輸入の結果

コスト競争力を高めるため、日本車メーカーが日本向けの自動車を海外で生産するようになりました。
そして日産マーチが7月の輸入車でNO.1となりそのシェア25%
実はこの自動車に使用している部品は既に日本メーカー製ではなくなってます。自動車のメイン部品である鋼板までもが中国や韓国製で、某衣料メーカー同様材工ともに非日本製です。

これって本当に良いことなのか?
どんどん日本の空洞化が加速。今後新たな景気刺激対策を国が行っても、潤うのは輸入メーカーと外国の生産拠点だけ。


-将来の日本人若者の就職口-
タイに出国し現地ワーカーに混じって自動車を組み立てること、或いは日本に来ているインドネシア人に混じって介護の仕事をすること。
はたまた、レアメタル産出国の富裕層の自宅で執事になること。(まんざら冗談ではありません)


それにひきかえ住宅関連っていうのは現地生産ですから、社会的価値が高い仕事といえます。
それなのに、この住宅のエコポイント額が自動車とそれほど差がないのには納得いきませんなぁ~。


そしてわが社は『地産地消活動』に一生懸命だということもお忘れなく!

好ましくない営業スタイル

最近は減りましたが、会社や自宅に突然電話がかかってきて、契約電話会社の変更や新料金体制への変更勧誘を受けた経験ありません?バイト雇ってバンバン電話かけまくるテレマーケティングです。
今日私に廻されてきた電話も「工事会社ですが、契約中の光回線契約が新しくなるので電話機内の基盤を確認させてほしい」という電話絡みのものでした。

突然の電話だったこともありNTTから委託を受けた会社だと思い、ひと通りの話を聞きましたが、電話を切った後に名乗った会社名をインターネットで調べたら、その会社は電話システムをレンタルする会社。

後日来社するとのことですので、きっとそのときに新しい電話機レンタル営業をかけるつもりなんでしょう。
最初から電話レンタルの話をすると断られるものだから、NTTから委託されて機種調査している印象を与え、とにかく窓口と接触することを企んでいるのでしょう。

こんなアプローチのし方では結局お客様と信頼関係を築けないのでは・・・
もちろん、知らない会社のひとに、電話機の中を触らせることもさせませんし。


どんな商売であれ、顧客を誤解させて商談に入るやり方はNG。
こんな会社が増えないことを望みます。

結構難しい映画でした

昨日、渡辺謙さんの映画を見てきました。
殆ど予習なしで観にいったので、映像の展開についていけなかった感もありましたが面白かったです。
今週はもう一本見る予定でいるので、会社帰りに時間作ろうと思ってま~す。


土曜の仕事中に現場近くで元後輩にバッタリ。
年末に一緒に飲みにいったきりだったので半年以上ぶりでした。
5分程度話をして次回一緒に夕飯することを約束してわかれました。

その5時間後、某所で偶然再会。
早いよ、早すぎ!
会う時ってこんなもんですね。A氏が戻ってきたらみんなで出かけることにしました。

関係者諸君、近々連絡させていただきます。



プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク