悲しみの中にも笑いが・・・

先週の叔父の納棺のときの話。
死装束に着替えた叔父の顔や手を白綿で拭くことで最後のお別れをします。(湯灌か化粧の意味なのかはちょっと不明ですが・・・)
血縁の近い人から順に葬儀屋さんから白綿を受け取り、叔父を拭きます。
80歳程のおじいさんの番になり、「おい、起きろ。逝く順番が違うぞ!!」と叫びながら、おじいさんは死んだ叔父の頬を叩き続けます。
そんなことをしても、もちろん息を吹き返すことはなく、かえってその行為が周りの涙を誘うことに。
葬儀屋さんがおじいさんに白綿を手渡して「お拭きください。」と声をかけると、何を勘違いしたのか、そのおじいさんは白綿で自分の手を拭いて立ち去ろうとします。
葬儀屋さんが驚いて、「あんたの手を拭いてどうするの?」と言うものだから、私も含めて参列者たちが笑いをこらえるのに必死です。
まあ、楽しい叔父でしたからこんな光景を天国から見てウケていることでしょうけどね。

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

死者を目の前にして思うこと

27日は亡くなった叔父(享年66歳)の納棺でした。
私は子供のころから親戚が多く住む地から離れて生活していたので、死者を直接見たことが数える程しかありません。ましてや我が子供たちにいたっては、一度も葬儀に参加したことすらありません。
昨今簡単に人を殺してしまう犯罪が増えていますが、これも「人間の死」や「その周りの人たちの悲しみ」を体感していないからでしょうね。
人の死をもって「人間の命の大切さ」を改めて感じてください。今回の葬儀に参加していた子供たちは、しっかり心に刻み込まれたことでしょう。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

インターネットはあたりまえ

先週の日曜日から出張にでていますが、月曜泊の千葉県旭市のホテル、火曜泊の那須塩原市のホテルともにインターネットが繋げませんでした。メールチックできないのは困ったものです。今日泊まりの常宿でメールチェックをすると緊急対応が必要なメールが色々。慌ててアチコチにTELしまくりです。
昨日は那須で打ち合わせの後大田原市への移動だったのですが、以前一緒に仕事をしていたIさんが運転手をしてくれて大助かり。その後の食事にも遅くまでお付合いいただきありがとうございました。(このブログを借りてお礼申し上げます)
-訃報-
昨晩「叔父が亡くなった」という連絡が携帯に。急きょ予定を変更して明日富山県に向います。
昔お世話になった方々が毎年誰かしら逝ってしまいます。(それだけ私が年を取ったということでしょうけど)
悔いの残らぬように日ごろから恩返しをしなければ・・・

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

耐震強度偽装事件

新聞各紙は「今週姉歯氏が逮捕される」という記事を載せています。容疑は「名義貸し」という建築士法違反のようです。大きな社会問題となった偽装とは違うのがなんともはがゆいですね。
強度偽装で都内の某ホテルも営業休止に追い込まれてしまいました。昨年まで私はそのホテルを常宿にしていたんですよね。都内に5,6箇所あって朝食のクロワッサンがとても美味しく、チェックアウトも簡単なのでとても良いです。

でも昨年、私はそのホテルでイケナイことをしてしまいました。20代の頃の友人と都内でかなり遅く(日が変わり"早く"かも)までカラオケをして、そのままホテルに戻り友人たちと部屋で延長戦。朝起きたら部屋中ビールと焼酎の空き缶だらけでした。
さすがに隣室から苦情が来ても不思議でなかったですが、なんとおとがめナシでした。当時は、シッカリした作りだと関心していたんですけど・・。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

ボトルのお持ち帰り

先週は半年ぶりの友人と居酒屋さんへ。
8時半にお店へ入りいつものように楽しい話題&愚痴トークで2時間経過。予定どおりに1本めの焼酎ボトルがカラとなり、2本目に突入。
ところがなんと2本目の30%くらいのところでラストオーダー、そして飲食代の支払いを要求されることに。
「ちょっと待ってよ。まだ焼酎が残っているでしょ。」
とはいっても仕方がなく、ボトルを持って店外へ・・・。でも、残ったボトルって持ち帰っても良いものなんでしょうかね?よく女性が残した料理をパックに詰めて持ち帰りますが、それと同じことですかね。
明日も早いので友人と駅で別れることにしましたが、都会の駅はまだまだ人で溢れかえっています。そんな駅の雑踏の中に、焼酎のボトルを抱えた友人がフラツキながら消えていきます。
おそらくこの都会の駅で焼酎のボトルを抱えて歩いているのは、私の友人とダンボールで寝ているホームレスのおじさんだけでしょう。
「また、飲みましょうね」  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

私の飛行機日記

昨日、一昨日と飛行機の話をしたので、せっかくですから私にとって最も思い出深い飛行機の話を書きます。
滝川市にスカイパークというグライダー滑走場があるのをご存知?
そこへ行いくとグライダーに乗ることができます。グライダーはエンジンがついていないので、エンジン付きの飛行機で上空まで引っ張ってもらってから優雅に飛行します。
私は飛行機に搭載する酸素ガスの件でパイロットのMさんと知い合いになり、大変仲良くしていただきました。
ある日、Mさんとプロペラ機で滝川市内の上空へ出発。ノリノリのMさんは当時私が住んでいたマンション上空を旋回してくれるのですが、あまりにもグルグル廻るものだから私は飛行機酔いして、直前に食べた昼食が食道まで上がってきています。吐く!!吐く!!吐く!!
そんな、私のことなんかお構いなしのMさんでしたが、私が滝川を離れて数年後、海外で開催された航空フェスティバルで事故に巻き込まれ死亡したという話を聞くことに・・・。
Mさん、ご無沙汰です。あんなに大好きだった空で命を落とすなんてMさんらしいですよ。今どこを飛行中ですか?
あれから15年、ぜんぜん滝川に行っていないですが、当時を思い出して今年はスカイパークに寄ってみます。ご冥福をお祈りします。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

JALとANAの違い その2

昨日のANAvsJALはANAに軍配があがりましたが、今日は別の比較をしてみます。
福島発伊丹行き。JALが261人乗りの飛行機なのに対し、ANAは50人乗り。なぜか私はANAに乗ることになっています。
出発時刻がほぼ同じなので、ANAの機体に乗ると隣のJAL機の大きさにビックリです。ひき潰されるような恐怖感が沸いてきます。
明らかにANAの負けです。たった50席ならわざわざ飛ばさなくても、JALとの共同運行でもよいくらいです。
ANAさん、燃料代がもったいないので次からJAL機にロープで牽引してもらいましょう。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

JALとANAの違いかな?

先日の出張での出来事。往路はJALで復路はANAだったのですが、ともにメンバーカードを持って出るのを忘れたため、カウンターで予約番号を伝えたうえでの身分証明。
JALの場合・・・免許証の提示+引渡証明書に住所・名前・電話番号を記入
ANAの場合・・・免許証の提示のみ
こんな書類を整えるよりも、他に整えねばならないことがたくさんあるはずでは?
まだまだ、昔の体質が抜けていないようですね。J○○さん。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

「外断熱工法が火災に弱い」はウソ

近年、鉄筋コンクリート建築物の外側に断熱材を設ける『外断熱工法』が増えてきています。一方そのネガティブトークとして「コンクリートの外側に断熱材があると火災のときに断熱材が融けて外装材が脱落するので、内断熱工法のほうが安心です。」という人がいます。
ちょっと待ってください!!
コンクリート構造物の火害で一番心配しなければならないことは、熱によるコンクリートの爆裂や強度劣化、或いは水酸化カルシウムが熱分解してコンクリートが中性化してしまうことです。
断熱材が融けるか融けないかという議論は問題点の本質を捉えていませんよ。
内断熱であれ外断熱であれ、火害を受けたときはコンクリート劣化診断をお勧めします。

外断熱工法・両側断熱工法・その他なんでもご質問があればHFI
私、浜木が知っている範囲で親切にお答えします。もちろん無料だべさ(北海道弁)。

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

NEW TEACHER

4月から英会話の先生が替わりました。今までは空手武道家カナダ人だったのですが退職したため、今度は年齢不詳の女性カナダ人。駅前留学学校からの転職だそうです。大きな組織から自分のやりがいを求めて小さな組織へ・・・。どの業界でも人の流れは同じかもしれませんね。

ありがたいことですが、最近両断熱に関する問い合わせが増えています。HFIでは両断熱に関するいろいろなレポートを用意してします。興味のある方はここをクリック。ほかにもたくさんあります。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コンクリート工事に自信を持っています

本日、地場ゼネコンK会社さんへ訪問。2名の技術責任者と打ち合わせをしました。話題は長崎グループホームの施工不良事件に・・・。その会社さんは総研AAB工法で施工をしており、今回の事件は他人事の話してはありません。
でもその会社さんは施工管理に絶対の自信を持っておられました。「もし心配ならば、指示された場所の断熱材をどこでも剥がしますよ。あんな欠陥は当社ではありえないですから。」
これだけ真剣に取り組まれて会社さんをみると、とても安心します。以前のブログにも書きましたが、AAB工法を採用されている工務店さんの多くはまじめな会社さんです。

そして、最終的にはP2両断熱工法採用という結論に辿り着くんでしょうね。
過去AAB関連記事

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

最上階で見晴し最高ですが・・・

昨日宿泊した東京のホテル、宿泊した部屋が最上階だったので部屋からの夜景が最高でした。
ところが・・・ところが・・・
部屋がエレベーターの隣だったため、誰かがEVに乗るとモーター音が部屋に鳴り響いて、気になって仕方がありません。
しまいにはモーター音の鳴っている時間の長さで、乗ったひとが何階に降りたか予想することが出来るほどになりました。
でもこれって何の役にもたちませんよね。
今日は横浜で友人と食事をしてからホテルへ戻りました。ラッキー、今日の部屋はEVの隣ではありません。

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

偽情報事件

ここのところ小沢さん関連の話題がTVを賑わしています。前原さん、永田さんは根拠の薄い情報に振り廻されて、すっかり痛い目にあいましたね。
私も大昔、他人の情報を信じてひどいめにあったことがあります。それは小学6年生のとき、台湾バナナに貼っているブランドシールを集めて応募すると何か良い景品が貰えるという噂が一部で広まり、私もめちゃめちゃシールを集めました。もちろん、おやつは毎日バナナです。
いよいよシールがたっぷり集まり、いざ送ろうとしたら結局誰も送り先を知らなかったというオチです。
そういえば、最近台湾バナナを見かけない気がしますが気のせいですかね?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

AAB工法は欠陥工法か?

昨日の新聞で記事になっていた『AAB工法』と施行不良についてもう少し詳しく書きます。
昨年から話題になっている総合経営研究所と木村建設により建築されたこと、コンクリートが空洞だらけで鉄筋が剥き出しになっていたことが写真と共に記事になっているのでかなりインパクトがありました。
ただここでしっかり議論してもらわなければならないことは、「ジャンカ」と呼ばれる施行不良とAAB工法との因果関係です。
記事ではジャンカの原因を「AAB型枠がたわんでコンクリートの液状成分が外部に漏れ出し、骨材だけが残ったため」としていますがそれは間違いです。ジャンカという施工不良はラワン材を使う在来工法においてもおき得る現象で、大きな書店へ行くと写真入りの専門書が多く並んでいます。在来工法の場合はジャンカ原因のひとつとして上記理由が考えられるので、型枠目地からの液状成分の漏れ出しを心配せねばなりませんが、AABの場合は型枠がたわんでも目地同士が凸凹形状でLEGOブロックのように組み立てているので、在来と比べ著しく液漏れするわけではありません。
それでは、AAB工法のどこが問題なのでしょうか?
①AAB型枠の強度が弱いことで十分にバイブをかけれていない
コンクリート注入後、コンクリートを型枠内にしっかり詰め込むために超音波振動を加えるのですが、AABの場合はパネル強度が十分でないので、しっかり超音波振動を加えない業者が多い。
②型枠同士をつなぐパーツがコンクリート流動の邪魔をする
在来工法型枠の場合はセパレーターという線経6mmの鉄棒で型枠をジョイントするのですが、AABの場合は幅広のプラスチックであるため、コンクリートの流動を妨げる。
③鉄筋と同時施工
在来工法は鉄筋工事を完了した後に型枠施工をおこないますが、AABの場合は鉄筋と型枠を同時施工します。すなわち、鉄筋工事完了後には型枠材で鉄筋が隠れているので、鉄筋検査ができない。

私はAAB関係者ではありませんが誤解のないようにいっておきます。今回の施工不良の最大の原因は施工工務店の管理レベルの低さにあります。全国に100社を超えるAAB施工工務店さんの多くは施工不良のない建物を提供していると信じています。
ただ、一言だけいわせてもらうと「わざわざ施工管理のたいへんな材料を使う必要はないですよ。」ということです。
型枠を外さない工法なだけに、リスクのない材料を選択するべきでしょうね。
上記問題をすべてクリアしている型枠材がP2両側断熱工法といえます。

続きを読む

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

長崎グループホーム火災とAAB工法

今日の毎日新聞に、長崎で発生したグループホーム火災の建物に構造欠陥があったという記事が載っています。もし記事内容が事実であるならば大問題です。
それはさておき、記事の中に大学助教授のコメントが掲載されていますが、おそらくその先生はAABの施工現場を実際に見たことがないのでしょうね。
今回の欠陥発生原因を「型枠材がEPSだったため」としていますがそれは間違い。型枠材がラワン材であろうが、鋼製であろうが、EPSであろうがあまり関係なく、コンクリート内外の対になっている型枠をどう固定しているかということと、鉄筋施工をどのように行なっているかが重要なのです。(もちろん型枠用途のEPSは魚箱の発泡スチロールとモノが違います)
今回の欠陥原因は①AAB工法のパネルリブが大きくでコンクリート流動の妨げになった、②鉄筋と型枠同時施工が問題、③施工業者の施工管理能力、だといえます。
建築工学に精通しているということと、型枠兼用断熱材に精通しているということはちょっと違うようですね。
P2両側型枠兼用断熱材のことならHFI
AAB関連最新記事

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

ロシアンルーレット inラーメン屋

昨日は郡山在住の友人とお酒を飲んだ後ホテルに向かいました。途中、なんとも雰囲気の良いラーメン屋さんをみつけ、吸い込まれるように店内へ。
夜遅いにもかかわらず店内はほぼ満席。カウンターに座った私はマスターの手さばきを何気にみていると、麺を放り込むために並べられた9つのラーメーン器のひとつに、大きな野菜が貼り付いています。店の回転が速いのできちんと器を洗いきれておらず、前の客の具が残ってしまっています。
見てしまっただけに、「もしその器が私のところにきたらどうしよう。」とちょっと緊張します。さながらロシアンルーレットです。
ラーメンはすごくおいしかったですよ。こんな美味しいラーメンは久々。超感激。みなさんも是非行く価値ありです。

AAB関連記事はこちら

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

新型P2パネル完成

みなさんお待たせ!!P2Sパネルモデルチェンジ版が完成しました。
かなり完成度高いですよ。既に量産体制に入りましたので、あなたのお手元に届く商品は順次新型に替わります。楽しみにしてください。
「何が良くなったかって?」詳しいことはHFIにお問い合わせを
-業務連絡-
私は新千歳空港経由で帯広に戻ります。おみやげ?もちろん新型P2パネルに決まっているじゃないですか。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

新幹線自由席

夕方、大宮駅から高崎駅へ新幹線で移動。
自由席切符なので並んで列車を待ちました。列の先頭だったにもかかわらず空席を探せません。とうとうもう一方の入口から乗車した人たちと通路で鉢合せ。
諦めようとしたところ、なんと1席だけ空いています。なぜ空いていたかというと、隣がボブサップのような大男外国人のために誰も隣に座る勇気がないのでしょう。怖くて声をかけられないんでしょうね。
私がボブに「隣に座っても良いか?」ときくと、ボブはニコッと笑って「もちろんさ。」と答えてくれました。


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

このホテル、まずいんじゃない?

今日はちっと前に世間を騒がしたホテル(新横浜駅前)に宿泊。到着は9時30分。フロントでキーを受け取り201号室へ。
エレベーターを降りるとそのフロアは工事中で、廊下の絨毯は汚れ、工事用のドラムコードやダンボールが廊下を占拠し、室内入口ドアには養生ダンボールがまだ貼り付けています。
おそらく建築申請書通りに戻している工事をしてるのでしょう。

こういうときは受付で「工事中でご迷惑おかけしています。」という一言が欲しいですよね。たった一言があれば不快にならないのに、それがないだけで「もう絶対ここには泊まらないぞ!!」という気持ちになります。
私も日ごろ一言が足りなくはないだろうかと、自問自答するとこになる出来事でした。

テーマ : どうでもいいこと。
ジャンル : 日記

新年度の飲み会

昨日は新年度のキックオフがありました。
午後8時からのスタートで5軒目を終わり寝床についたのは3時ちょっと前。
若いN氏,T氏,Sさん,口ヒゲSさん,マニアHさんなど年齢層が幅広かったので話題もいろいろで楽しいひとときでした。
最後は「顎割S」がT氏に対して説教モード。でも愛情があり本人の価値を認めているからこそあそこまで言えるんですよ。
あたり障りのない会話よりもよっぽど良いので、そんな会話もときにはOKですよね。
でも4次会でそれをやるとみんな声がおおきくて周りの客の迷惑になるので、つぎはせめて2次会でやりましょう。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

浜木幸浩

Author:浜木幸浩
北海道生まれ・帯広在住(自宅近くの風景)
P2両断熱工法のことならお任せください

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク